1.パーレー法とは

パーレー法はカジノ必勝法の一つで、短時間で大きな利益を求め対といった場合に適しているといわれます。
この方法は投資額を抑えながらも大きなリターンを狙うといった攻めタイプの必勝法であるといわれています。

そして、この方法は逆マーチンゲール法とも呼ばれ、負けを保障することでよく知られるマーチンゲール法とはま逆の戦略になるといわれています。
パーレー法は設定金額でゲームを行っていき、ゲームに勝つとその都度、ベットマネーを2倍にしていきます。

勝つごとに賭け金を上げていくといった方法でゲームをプレイしていくのです。
一番最初の賭け金額はあまり大きすぎない額にします。

この必勝法は勝率が50%の2倍のリターンで賭けるといった必勝法なので、前提として賭けで買った時のみ実践するようにすることがポイントといわれています。

というのは、この方法は賭けに連勝している時の利益を高める方法だからです。
直前のゲームで負けてしまったという場合には、そのままの賭け金で次のゲームを行うようにします。
そして、勝つまでは設定した賭け金でゲームをするというようになるのです。

※参考:パーレー法(逆マーチンゲール法)とは?連勝狙いのカジノゲーム攻略法

2.ルーレットでパーレー法を使ってみた事例

ルーレットを例にとると、具体的にはまずは基本の賭け金を決めます。
そして、1ゲーム目に基本の賭け金の1ドルをベットしてゲームを行います。

黒にかけてみたけれども負けてしまったという場合には2ゲーム目も同様に、基本の賭け金の1ドルをベットして、黒にかけて見ます。
賭けたエリアで赤か黒で賭けた時のリターンは2倍になります。

最初に賭けた金額を含めると2ドルのバックになるため、損益は0になります。
そして、2ゲーム目で勝たため、この時点でこの必勝法を適用していきます。

3ゲーム目は賭け金の1ドルを2倍にした額である2ドルを、黒に賭けてみます。
そして、黒になった場合、賭け金を含めた2ドルがバックされま、これまでの損益は2ドルの利益となります。

3ゲーム目で勝ったため、パーレー法を適用し、今度は2ドルの2倍の4ドルを黒に賭けます。
この時、黒なら賭け金の8ドルがバックされ、累計すると6ドル分の利益となります。

同様に、5ゲーム目で直前ゲームで勝った金額を2倍にした額の8ドルをベットし、黒がでれば16ドルが払い戻がされますので、14ドルの利益となります。
さらに、パーレー法を適用していくと、勝ちが続くと大きく勝てるということになるのです。

ゲームに勝利したり、続けて勝ち続けている場合にこの方法を2倍賭けで適用していくことで、連勝している時の利益を大きく高めることができるということなのです。

3.負けが続いていくと戦略を変えていく必要がある

しかし、この方法には注意点もあるといわれています。
基本の賭け金設定について注意点が挙げられるのです。

勝ったごとに2倍の賭けを繰り返していく方法ですが、負けた時の賭け金が1桁であれば2倍賭けしても大きなダメージにはならないといえますが、2桁から3桁といったように賭ける金額が大きくなっていった場合には、この必勝法で賭けることは困難になるといえます。

そのため、負けが続いていくという場合には戦略をかえていくということが必要になるということなのです。

また、1ゲームで賭けられる金額は制限が定められています。
そのためこうした点を踏まえてゲームを行っていくということが必要になるのです。

しかし、この方法は勝ちに行く時、大きく勝てるといったメリットがある必勝法になります。
勝ったゲームの賭け金を2倍にしていくという方法でゲームを続けることで、より大きく勝つということができるといえます。

パーレー法には失敗と成功があります。
この必勝法は自身の意志で止めるということも大切といわれています。
辞めるタイミングを見計らって楽しみましょう。